サロンロゴ

髪の艶は食事でつくれる

「シャンプーやトリートメントでケアしていても、なかなかツヤが出ない!」と、多くの女性が悩んでいるように髪のケアは容易なものではありません。
ではここで、外側からではなく、髪の内側から栄養を与えて髪のツヤを
取り戻すということを考えてみましょう。
 
 
体と同じように内部からもケアをすることでツヤの持続性も良くなり、健康にも良い影響を与えることになります。
しかし、栄養を十分に摂っていても、その栄養は一番に髪に行き届くわけではなく、身体の他の部分で余ったものが最終的に髪に届くのです。
 
そのため、十分な栄養を摂取していないと髪に栄養は行き渡りません。
 
そして、髪のツヤのベースとなる健康的な髪を作るためには「植物性タンパク質」(大豆・ピーナッツなど)や「亜鉛」(牡蠣・豚レバーなど)はもちろん、髪にツヤやハリを与える「コンドロイチン」を含む食品を積極的に摂りましょう。
 
その「コンドロイチン」を含む食品というのが、フカヒレ・オクラ・ワカメなどです。
しかし、食品に含まれるコンドロイチンの含有量というのは、フカヒレで約4%と少ないので、必要であればサプリメントを併用しても良いでしょう。
 
また、頭皮の新陳代謝も活発にすることで髪の根っこからツヤを出すことが可能になります。
それにはマグロや玄米などから摂れる「ビタミンB6」が有効となりますので、併せて摂取すると良いでしょう。
 
髪にツヤが欲しいという方は是非、普段の食事を見直してみてください!