サロンロゴ

髪の保湿ケアで水分量を増やす

皆さんは髪の毛の水分量がどのくらいなのか、ご存知ですか?
実はこの水分量が、髪のパサつきなどの問題に大きく関わってくるのです。
 
そもそも髪の毛の水分量というのは、大体11~13%程度だといわれています。この水分量が維持できている人は、ほとんどの場合、滑らかでツヤのある髪を維持できていると思います。
 
しかし、間違ったヘアケアやカラーリング・パーマなどの影響、そして季節的な要因などもあって365日、潤いとツヤのある髪の水分量を保ち続けるというのはなかなか難しいです。
 
特に外気が激しく乾燥する冬場は髪の水分量を維持するのは難しいです。
髪は水分量を失うと、跳ねやすくなったり、広がりやすくなりますし、髪の保護膜であるキューティクルが剥がれてしまうので、枝毛や切れ毛が発生して、見た目にも手触りもパサパサになってしまいます。
 
では水分量をあげるにはどうしたら良いのでしょうか。
 
 
そこで重要となるのが「保湿」です。
 
髪の水分量を増やす保湿のポイントは髪に有効成分や保湿成分を浸透させて髪を補修&保湿するということ。
 
保湿というと「水分」を与えることだと考えて、髪に水分を与えればいいと化粧水を振りかけたりする人がいますが、乾燥してダメージのある髪というのは、すでにキューティクルが剥がれている状態なので、いくら水分を与えても無駄なんです。
 
最近では様々な毛髪補修成分が配合されたヘアケアグッズがありますので是非、使ってみてください。