サロンロゴ

髪が傷む原因は?

まずは、髪が傷んでしまう原因にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

シャンプー

清潔な髪を保つためにも欠かせない毎日のシャンプーですが、洗い方によっては髪を傷付けてしまう原因にも。髪の表面を覆ってつやを出すキューティクルは、髪が濡れると開き、乾くと締まる性質を持ちます。つまり、シャンプーのときはキューティクルが開いた状態となるので
この状態で髪を強くこすって洗うと、キューティクルは傷付き、つやが失われたりパサパサしたりと、髪が傷む原因になります。

 

ドライヤーやヘアアイロンなどの熱

髪のキューティクルは、熱に弱いもの。ドライヤーやヘアアイロンなどの熱をあてることでも、キューティクルはダメージを受けてしまうのです。ドライヤーやアイロンなどを使うときはなるべく短時間で済ませ、1ヵ所に熱をあて続けないようにする必要があります。

自然乾燥

濡れてキューティクルが開いた状態の髪を放置すると、髪に必要な潤いやたんぱく質がどんどん失われてしまいます。
ドライヤーの熱もダメージを与えると紹介しましたが、自然乾燥ではさらに髪が傷んでしまうため、なるべく早くドライヤーで乾かすことがポイント。髪に水分が残っていると雑菌が繁殖するため、かゆみやにおいも発生しやすくなってしまいます。
また、髪が濡れたまま寝るというのも、枕と髪の摩擦が原因で、キューティクルが傷付きます。

 

カラーやブリーチ

カラーやブリーチは、髪のメラニン色素に作用して髪色を変化させていきます。カラー剤やブリーチ剤を髪の内部へ浸透させることになりますが、これらの薬剤にはキューティクルをはがす成分も含まれています。キューティクルがはがれるということは、つやが失われて髪が傷みやすくなるということです。

 

パーマや縮毛矯正

パーマや縮毛矯正は、髪を作るアミノ酸の結合を切断し、髪の形状を整えるという施術。アミノ酸の結合を一度切断すると、髪はやわらかい状態になり、ウェーブにしたりストレートに伸ばしたりすることができるのです。
カラーやブリーチと同じように、この施術もキューティクルをはがすため、髪が傷みやすくなってしまいます。

 

紫外線

髪の毛も、紫外線を浴びるとダメージを受けます。人の体の部位で最も太陽に近い髪や頭皮は、肌が受けるダメージよりもかなり大きいのです。特に、紫外線量の多い夏に髪の日焼け対策をしていないと、どんどんダメージが蓄積され、秋口になると髪の傷みに悩まされるケースも珍しくありません。