サロンロゴ

頭皮と睡眠の関係性

髪の毛と言うのはタンパク質・アミノ酸から作られています。

枝毛や切れ毛などの髪のトラブルというのは、
このタンパク質やアミノ酸が不足することによって起こる状況なのです。

では、これらの栄養成分はどうやって
頭皮や髪に届けられるのでしょうか?

それは体内を通っている血管です。

栄養成分は血管を通って、頭皮に届き、
髪の毛へと変わっていきます。

ここで注目すべきは、頭皮にある「毛根」。

毛根は頭皮で髪の毛を作る部分ですが、
充分な睡眠がなければ働くことができないのです。

睡眠不足になると、体中の血管が収縮することが分かっています。

寝不足で頭がボーっとするのは、そのせいです。

つまり、頭に血がいっていない状態!
もちろん頭皮に流れる血も不足しています。

結果として、毛根は活動を低下させてしまいます。

規則正しい生活ができていないと、
身体の新陳代謝の能力は低下します。

つまり、古い細胞がそのまま残ってしまう可能性が高まるわけです。

これを髪の毛に当てはめると、
後から生えてくるのも似たような弱い髪の毛ということになるのです。

物理的なヘアケアはもちろん
生活習慣からも美髪を目指しましょう(^^)