サロンロゴ

紫外線が髪に及ぼす影響

日頃、お肌のケアに敏感な方であれば年間を通して紫外線対策を行っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、紫外線はお肌だけでなく頭皮も同じく1年中紫外線を浴びているのです。
 
では、紫外線を浴びた髪はどうなってしまうのでしょうか。
 
まず、紫外線が毛髪の内部のメラニンを分解してしまうため、たとえ健康な毛髪であったとしても、赤茶けた色になってしまい、光の加減では白っぽく見えてしまうこともあるのです。
そうなると見た目が不健康な印象や、ふけたような印象になるだけでなく、その影響は髪の毛の内部にも及んでしまうのです。
 
どのようになってしまうかというと、毛髪のタンパク質を構成するシスティンという結合部分にもダメージが与えられてしまうため、髪の毛が不自然なところですっぱりと切れてしまう、「枝毛」や「切れ毛」といった現象が起きてしまうのです。
 
 
紫外線が髪に与える影響も深刻ですが、頭皮に与えるダメージも相当なものです。
 
髪はまだ見た目からでもSOSのサインが分かりやすいですが、頭皮は目で見て確認することが難しく、ジワジワと細胞が壊されていくため、なかなか気付けないところが恐ろしいのです。
 
髪の毛を作るもととなる毛母細胞が、紫外線の影響でうまく働かなくなると、抜け毛の原因となるだけでなく、髪の毛そのものがつくられなくなり、薄毛の原因となる可能性があります。
 
 
頭皮は髪の毛が育つための大切な土壌です。
その頭皮がダメージを受けると、影響が出るのは髪なので、見えないからといって決して油断は禁物です。