サロンロゴ

正しいシャンプーの方法

●ブラッシング
シャンプー前の乾いた状態の髪をブラッシングします。
ふけやほこりなどの汚れを取り去るとともに、毛髪のもつれをほぐします。
このとき、軽いチカラで頭皮を刺激するようなイメージで行うと、マッサージ効果による血行促進が期待できます。

●髪と頭皮をしっかり濡らす
髪の毛だけでなく、頭皮もしっかりと濡らしましょう。
お湯の温度は38~40℃くらいの熱すぎないお湯で洗いましょう。

●シャンプーをつける
シャンプーを手に取り、両手のひらにのばして頭皮になじませます。
このとき、シャンプーをとりすぎないように注意!
不必要に多く使いすぎてしまうとすすぎ残しの元になります。
製品に記載されている適量を使いましょう。
※髪の長さによって変わる場合もあるため、よく読みましょう。

、耳の後ろや生え際は洗い忘れやすい部分なので、意識して洗うようにしてくださいね。
シャンプーをするときは、爪を立てないように気をつけてください。
頭皮を傷めないためにも指の腹で優しく洗うように心がけましょう。
優しく洗わなければいけないのは、毛髪のほうも同じです。
シャンプー時の髪の毛は、水分を吸収して傷みやすくなっている状態。
こすり合わせるように洗うと髪の外側のキューティクルがはがれて傷みやすくなってしまいますので、注意してください。

またシャンプーブラシを使うと、その心地よさからついつい力を入れてしまいがちですが、これも刺激となるのでNG。
優しくそっと当てるように使いましょう。

●しっかりとすすぐ
洗い残しがないように、しっかりとすすぎます。
髪の長い方は、シャワーですすぐ前に、軽く髪を絞るようにして泡を落とすと時短&節水にもつながります。
シャンプーのすすぎ残しは、髪の傷みや頭皮のトラブルにつながるため、全体にぬるつきがなくなるまで、しっかりとすすぎましょう。
特に耳の後ろや襟足あたりはすすぎ残しが多いといわれるので、入念に行いま