サロンロゴ

市販の白髪染めとストレートは痛むby森本

こんにちは!

髪質改善ケアリストの森本です!

白髪染めには、
アルカリ剤といった強い成分が含まれており通常のカラー剤に比べ痛みがでやすくなります。

両方施術したい場合には理想は1~2週間あけるのがおススメです。
薬剤の関係上縮毛矯正から先に行うようにして下さい!

市販の白髪染めとストレート痛むバイトモリ_20181117_1

というのも、
ヘアカラー後に縮毛矯正の薬剤を塗ると入れたカラーが落ちてしまい白髪浮きすることも 泣

市販の白髪染ですが、、、
商品の設計上、
どうしても万人受けすることが優先されてしまいます。

髪質や状態に左右されず、
染まりづらい方や染まりにくい方問わずしっかり染めることを目的として作られており、かなり強めの薬で髪を染めることになります。

毛髪への負担を考えると
市販の白髪染めやカラー剤後の縮毛矯正はあまりオススメできません。

カラー塗布の際も適切な薬剤判断で、
髪の毛の質や状態に合わせて適材適所に塗り分けることで黒くなったり暗くなりすぎることを防ぎツヤのある仕上がりにさせて頂いています。

縮毛矯正でも、
強い薬剤を使用せず必要な強さの薬剤で髪の毛を還元させアルカリ剤で起こるアルカリ膨潤を最小限に減らし、ハリコシ、ツヤのある滑らかな仕上がりになります!!

髪の状態に合わせて毛髪診断と薬剤選定でお悩みを解決させて頂く事が出来たら嬉しいです!

是非ご相談させて下さい^_^