サロンロゴ

冬の静電気by森本

髪の毛に静電気が起こってしまう原因と、対策をご紹介したいと思います!

実は、髪の毛にも、静電気が起きやすい髪、起きにくい髪があります。

・乾燥が激しい髪

・傷んでいてキューティクルが剥がれやすくなっている髪

乾燥して傷みの激しい髪の毛が擦れ合うのが原因となり、静電気が起こってしまいます。 

そして静電気によって、更に髪の毛が傷みやすくなるという悪循環に陥っていきます!

静電気というのは、摩擦が原因で起こるのですが、髪の毛同士は常に接触しているので

静電気をなくすというのは、不可能に近いです。

髪の毛が傷み、乾燥している状態は、静電気が発生しやすい性質になります。

そんな静電気からおさらばするためには、環境とヘアケアの見直しが必要になります。

静電気の大きな原因の一つが、乾燥です。

外だと難しいですが、屋内にいる場合、加湿器などをうまく利用したり、

加湿機以外でも、濡らしたタオルをかけておく・観葉植物を置くなど、手軽にできる加湿対策もあります。

空気中に水分が保たれていれば、電気は空気中に放電されるので静電気が発生しにくくなります。

あとは、着るものにも気をつけると尚良いです。

繊維によって、プラスに帯電しやすい素材と、マイナスに帯電しやすい素材があり

それらが組み合わさってしまうと、静電気が発生しやすいのです。

そしてヘアケアですが、洗い流さないトリートメントをしっかりつけると原因か にアプローチできます。

洗い流すトリートメントをしっかりつけることはもちろんですが、

髪の毛の乾燥がひどい場合、結局洗い流してしまいますので

それだけだと補いきれない場合があります。

オススメは、髪の毛の中にまで栄養がしっかり浸透してくれるものだと効果的です。

ちなみに、静電気は髪の毛のタメージのバロメーターにもなりえます。

静電気に悩まされるということは、髪の毛がダメーシを受けている可能性が高いです。

環境とヘアケア、両方の原因と対策を見直して、残りの寒い期間をサラサラつやつやで過ごしましょう!