サロンロゴ

ダメージの原因④

ダメージの原因:カラーリングやブリーチ

カラーリングやブリーチも、髪を傷める原因になります。

髪の約90%を占めるコルテックスには、メラニン色素が含まれています。

このメラニン色素によって髪の毛の色が決まっているのですが、カラーリングやブリーチは、メラニン色素を染めたり分解したりすることで、髪の色を変化させていくのです。

そしてコルテックスまで浸透させるため、カラー剤やブリーチにはキューティクルを剥がす薬剤が含まれています。

キューティクルが剥がれるということは、髪が傷んでしまうということ。

けれど、ヘアカラーでおしゃれを楽しみたいのも事実。

髪の状態を相談しながらカラーリングの頻度を抑えたり、トリートメントで保護したりしながら、程良いバランスで髪色を楽しめると◎