サロンロゴ

クセ毛対策

まず、軽くブラッシングしてから、根元からのクセで洗いにくい頭皮と髪を優しく洗います!

洗髪後は、髪が湿ったまま(膨張した状態)だと摩擦で傷んでしまうので根元からしっかり乾かすことを忘れずに!

ドライヤーの前に、髪の美容液などで毛先を中心に保湿すると、髪もまとまりやすくなり、湿気の影響も受けにくくなります!

髪が絡んでダメージを受けやすく、乾燥しやすいクセ毛は、内部までうるおいを届けて、表面はさらっと手触りよく仕上げるケアを心がけましょう!

悩ましいクセ毛も直毛の人から見れば、ふんわりボリュームや自然なカールが羨ましく見えるもの!

スタイリングでクセ毛を生かしたアレンジを取り入れるなど、自分の髪と上手に付き合うコツを掴んでいきましょう