サロンロゴ

カラーと紫外線の

紫外線によるダメージや暖房による乾燥など…

これによってヘアカラーぎ抜け出ます。

しかも、日差しが強いので外に出ると他の季節より明るく見えやすいです。

でも暗くしたくない…
なんとかならないかな…

なんとかなります!

色抜けの気になる表面に、ローライトを施します!

昔みたいに黒い線を入れるのではなくて、ベースの色よりも2~3トーン暗めの色を入れます☆

こうすることによって、色持ちが良くなるし髪の毛もキレイに見えます。