サロンロゴ

おはようございます

muse本山店
髪質改善師のmasaです

今日は前回のトリートメントからの続きで洗い流さないトリートメントの説明です。
洗い流さないトリートメントの効果としては大きく分けて4つあります。
1 髪のダメージ補修
2 髪の外的ダメージからの守備効果
3 髪の保湿効果
4 ドライヤーの熱からの守備効果

一つ一つ説明していきましょう。

~1髪のダメージ補修~
洗い流さないトリートメント内には長時間にわたって毛髪補修作用が働きます。この成分が働く事でハリやコシが回復して毛髪の回復効果が期待されます。

~2髪の外的ダメージからの守備効果~
髪は外的なダメージを受けやすい場所でもあります。とくに紫外線、ほこり、匂い、などはパサつきなどの原因になりやすくなります。洗い流さないトリートメントをつけることで髪をコーティングしてくれる作用がはたらくのでダメージからの効果的な守備効果が期待できます。

~3髪の保湿効果~
洗い流さないトリートメント内には保湿力を高める美容成分が多くふくまれています。保湿力の低下によりごわつきや、うねりの原因になるので予防効果が期待できます。

~4ドライヤーの熱からの守備効果~
ドライヤーの熱つにより髪は水分が飛んでいくことで毛髪内の水分量は低下します。水分量が減ることで髪の乾燥、パサつき、うねり、ごわつきなどの負のスパイラルに陥りやすくなります。洗い流さないトリートメントをつけることで予防効果が期待できるので、ドライヤー前につけることをオススメします。

このように洗い流さないトリートメントには主に保湿効果が期待できるのでこれからの季節は乾燥しやすいのでぜひつけていただけたらとおもいます。

次回は洗い流さないトリートメントを付けるタイミングについて説明していこうと思いますのでお時間あれば読んでいただけたらと思います。

お楽しみに~ブログ画像ブログ画像ブログ画像ブログ画像

写真は美髪チャージトリートメントの写真です♪